2007年01月04日

日暮れまでに何箇所参拝できるか!

日テレの番組のような事を突然思い立ったわけでもないのですが、卑しくも役者というものを自称しているので、芸事の神様を詣でて参りました。

まずは、門前仲町の富岡八幡宮。
別名深川の八幡様、
八幡様、つまり応神天皇を祭神として祭っている東京でもかなり大きな社である。
が、目的地は境内に勧請されている、車折神社の末社に合祀されている客神社への参拝である。
客神社の祭神は、有名な「岩戸隠れ」で踊りを踊りアマテラスを引っ張り出したアメノウズメである(このことから芸能の神とされている)。
門前仲町の駅を降りた瞬間から大行列。
コミケだってこんなに混んでない。
八幡様を参拝していては数時間がたってしまうと危惧、客神社を参拝して次の目的地へ飛ぶ。

さて次の目的地は、じつは寡聞にして知りませんでしたが芸能の神社として有名な新宿・花園神社。
新宿総鎮守として、土地神として、今でも親しまれている。
祭神がウカミタマというところで、メガテニストだった私は「芸能ではない」とばっさりやってしまったのであろう。
ゲーム脳だ。
信ずれば近所のお稲荷様だって、芸事を助けてくださる。

ここは、拝殿を拝まなければと一時間ほど待って参拝。
目的は達成したと新宿を抜けたのだが、帰宅して今始めて知った事実が追加される。
目的地は、末社である芸能浅間神社ではないのだろうか。
コノハナサクヤビメだ。
また新宿に行ってきます。

さて、電車に乗り向ったのは御茶ノ水。
おーとーこだったーらー。で有名な平次親分が幅を利かせていた神田明神町というか、神田明神。
境内でお囃子を演じていたりとにぎやかなところで夕暮れを向え、最後に数年前に全焼した上野不忍池の弁天様を参拝して帰宅しました。

富岡八幡宮は、拝殿を飛ばした無礼を詫びに。
花園神社は目指すべ芸能浅間神社を参拝しに。
まだ行かなければなるまい。
posted by 杜若 at 01:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

警備員の隊列って、ちょっと不思議な光景だよね
Excerpt: メールアドレスの各所変更に2時間もかかり、随分いろいろな所に登録してるもんだと思う今日この頃、皆さん如何お過ごしでしょうか??新宿にヤボ用があったので、チャオ君や杜若氏を見習って行ってきました。新宿・..
Weblog: 煌乙によるブラックアイリス
Tracked: 2007-01-18 20:58
広告
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。